ニゾラールは水虫に対して有効である抗真菌薬の一種です。効果が高いことが評判で、副作用も少ないため水虫治療によく使われています。こちらはクリーム、液体、スプレータイプのものがあり、患部の状態により使うタイプを分けます。

水虫に有効な薬ニゾラール

季節性の脂漏性皮膚炎はスギ薬局とニゾラールで対処

脂漏性皮膚炎は頭皮に良くできると知られていますが、顔や腕などにも見受けられる症状です。原因は真菌であり、これはカビの一種になっています。このカビが悪さをすることで、皮膚炎を引き起こします。脂漏性皮膚炎とついていることで、皮脂を無くせば治療できるように感じますが、そこまで甘くない症状です。皮脂を取り除いたとしても、真菌が居座ることでその対処として皮脂を多く出すように皮膚が働きます。そこでまた皮脂が増えて結局またぶり返してしまうことが多いです。

真菌は皮脂を好物としてますので、それを食べて活動します。皮脂がなくなったとしても、真菌があることで皮膚は異物から守るために皮脂を多く分泌しますので、やはり真菌を倒すことを考えなければなりません。その真菌を倒す治療薬として、ニゾラールがあります。クリームタイプになっており、塗りこむだけで良いです。ただし強い医薬品ですので、決められた用量用法を守ることが大切です。塗ることによって皮膚がボロボロと落ちることもありますが、それは皮膚が生まれ変わる症状です。そこで自己判断でやめてしまうと、治療ができなくなりますので注意してください。またスギ薬局には良い石鹸がありますので、それを使ってみるのも良いでしょう。肌に優しく自分に合っている医薬品を使うようにしましょう。

脂漏性皮膚炎の症状がひどくなるのは夏です。真菌が原因となる水虫も夏である高温多湿の時に、症状が悪化し、我慢できないほどのかゆみを生じることがあります。一方冬といった季節が寒いときは、比較的症状が治まる傾向になります。完治をしやすい季節が秋から冬にかけてですので、本気の治療を目指すのであればその季節を狙うようにしましょう。