ニゾラールは水虫に対して有効である抗真菌薬の一種です。効果が高いことが評判で、副作用も少ないため水虫治療によく使われています。こちらはクリーム、液体、スプレータイプのものがあり、患部の状態により使うタイプを分けます。

水虫に有効な薬ニゾラール

水虫の塗る治療薬ニゾラールと研究

日本は、高温多湿な気候であるため、菌が増殖しやすく、水虫に悩む人が昔から多いです。
水虫の原因となる白癬菌は、高温多湿な場所を好み、湿度が上がれば増殖力も上がります。
靴を脱いだ時の湿度は95%以上あるので、長時間靴を履いている人は、白癬菌に感染しやすくなります。
特に、梅雨の時期から夏にかけて、水虫の症状が悪化する人が多いです。
水虫対策では、乾燥が大事です。
また、水虫に気付いた場合は、すぐに治療を始める必要があります。
水虫に気付いていながら放置していると、白癬菌が散らばって、治りにくくなります。
汗をかきやすい人は、予備の靴下を用意して、こまめに履き替えることで水虫の予防につながります。
また、疲れて帰ってすぐ寝たい時でも、シャワーを浴びて足の汚れを取り、よく乾かしておきます。
また、バスマットは、使ったら洗うようにして、よく乾燥させてから使った方がいいです。
水虫の研究は、様々な研究所で行われています。
現在では、優れた治療薬が各メーカーから販売されています。
水虫の治療薬には、外用タイプと内服タイプがありますが、外用タイプの塗り薬が使われるケースがほとんどです。
塗るタイプの治療薬で有名なのが、ニゾラールクリームです。
ニゾラールクリームは、保険が適用され、副作用も少ないので、日本でも多くの患者が使っています。
少しの量でも十分な効果が期待できるので、たくさん塗らないように気をつけます。
基本的に、同じ治療薬を継続して使い続けることが大切です。
水虫の場合、治ったように見えても、菌が残っているケースも多いので、勝手に治療を中止しないことが大事です。
治療を開始して、皮膚に何らかの異常が出た場合は、すぐに薬の使用を中止して医師の診断を受けるようにします。